読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

阪神対西武(○5-1) 大勝してほしかった 2016年6月4日

 

http://www.tbs.co.jp/baseball/game/20160604TL01d.htm

 

 西武先発の多和田は初回、完全に甲子園の空気に飲まれていた。しっかりとミスショットせずとらえた1~4番まではお見事。その多和田を完全に落ちつかせてしまったのが6番の横田。徐々にいい球を投げられるようになっていたことは確かだが、狙い球を絞らずにボール球を振って助けてしまった。横田は3回の無死一・二塁のチャンスでもコネ気味に引っ張って進塁打を狙っていったが外のボールになるツーシーム、シュート系を振ってしまって三振。当て逃げをしなくなったことが評価されているようだが、まだ当て逃げが結果を残すためには最善策のように思える。つまりはまだ一軍クラスにないということ。

 また、久々スタメンとなった8番の岡崎もブレーキ。4打席すべて得点圏で回ってきたがいずれも凡退。とくに3回は一死二・三塁のチャンスで空振り三振。当てればゴロゴーの場面で、なんとかしてほしかった。

 この二人がどこかで打てていれば勝ちパターンを出すまでもなく勝てた試合。楽に勝つ試合を増やさないと今後苦しくなってくる。

 

 先発のメッセンジャーはフォーク(スプリット)が冴えていた。長打の少ない打者を中心に初球からも使っており、有利なカウントを作れていた。

2回はメヒア、浅村にしぶとく見極められ連続四球で無死一・二塁のピンチを作ったが、弱気にならず腕を振り続けて三者連続三振で切り抜けた。

7回は鳥谷のまずい守備で1点を失ったが代打・中村には内、外のストレートで追い込みカーブで仕留める完璧な投球で7回1失点にまとめた。

今日はストレート、フォーク、カーブいずれも良かったため安心して見ていられたが、今年はずっとスライダー(カットボール)が良くない。カウント球として優秀なこの球が上手く決まれば大炎上の試合はなくなるはず。

 

 2番手のドリスはいきなり先頭の栗山に四球。速球が抜けていて非常に危なっかしかった。ただボールに力はあり、メヒアには押し勝って内野ゴロ。落ち着いて抜けるボールがなくなったことで、最後の森には内ストレート、外ツーシーム、ボールになるフォークと完璧な投球。まだ信頼はできないが見てて面白い投手だ。

 

 3番手藤川はまだ不安定だが4点リードでいくらか力が抜けていたのが良かったか。