読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピンチバンター谷、森野に代走出さず…グダグダ采配の中日

 延長で一輝の7失点で大敗した27日の中日。多くの人が書いているが7回裏の攻撃がチグハグすぎた。7回の流れは以下の通り。

 

7回裏 中日の攻撃

6番 堂上 ツーベース
7番 又吉→代打:谷 バントを2回失敗した後、空振り三振
8番 杉山→代打:森野 敬遠気味の四球
9番 藤井 ランナー1,2塁からライトへのタイムリーツーベースで中日同点 一死2,3塁
1番 大島 センターフライ。三走森野はタッチアップもセンター・丸の好返球で本塁憤死


8回表

7番 谷→木下(捕手)
8番 森野→福谷(投手)

 

 

 まずは無死二塁からピンチバンターの谷。谷は阪神ファンの自分でもバントが下手だと知っているほどのバント下手。ピンチバンターで使う選手ではないだろう。

 森野は敬遠気味に歩かされたが、ここで即代走を出すかは微妙なところ。逆転の走者とはいえ一死で一塁の走者。荒木の負傷で早々にベンチ野手(エルナンデス)を使っているのも交代をためらう要因だ。

 結局中日は代走を出さず藤井のタイムリ二塁打。森野が三塁までいったが、ここでも代走はなし。これは大いに疑問だ。打者大島、同点、一死二・三塁。ゴロゴーを仕掛るべき状況である。

 

・大島はゴロが多い選手

・本塁で刺されても勝ち越しの走者が三塁に残る

・一・三塁になっても大島が盗塁で二・三塁に戻せる可能性がある

 

先程は荒木の負傷交代で代走を出しにくいと書いたが、選手の温存ならピンチバンターを谷ではなく木下にしていればよかった(木下のバントの腕は知らないが、谷より下手とは思えない)。次の回で捕手を入れる必要があるということを忘れてでもいたのだろうか。